学習時間を半分以下に!動画倍速再生アプリ「AVPlayer」活用法 | WOM-MAGA(ワムマガ)

学習時間を半分以下に!動画倍速再生アプリ「AVPlayer」活用法

動画倍速再生アプリ

「インプット(学習)よりもアウトプット(実践)が大事」

なんてよく言われますが、アウトプットの原材料はインプットです。アウトプットが大事なのは言わずもがな話で、この言葉の意味するところは、決してインプットをおろそかにして良いって話じゃありません。

大量にインプットし、その中から情報を精査し、サクッとアウトプットをする。これがスマートなビジネスの仕方。

「月に何十冊も本を読む」に対する勘違い

まずは書籍やPDFやWEBサイトのような文字媒体からのインプットの場合。

最初から最後まで一字一句ていねいに読むのではなく、要点や必要だと思うところをサラーッと見ていくことが重要です。

よく「月に何十冊も本を読む」っていう人がいますが、大体はこういうやり方です。全部を一字一句、最初から最後までしっかりと読んでいるわけじゃありません。

たくさんの本を読んでインプットする

ちゃんと読んだページが5ページだとしても、それは1冊にカウントです。ヤンマガのグラビアページだけを立ち読みしたとしても1冊。

インプットはアウトプットすることが目的なので、それでOKなわけです。グラビアのアウトプットってなんだって話ですが。

動画や音声のインプットの危険性

問題は文字媒体じゃない場合。

最近は情報のリッチメディア化が進んで動画や音声が当たり前になってきていますが、この場合も文字媒体の時と同様、動画や音声を単に流れるままに観るのは超非効率なのでNGです。

スマホアプリでインプット

ということで僕が普段やっている「スマホの倍速再生アプリを使って、インプットの時間を半分にする方法」を紹介します。

アプリを使って動画ファイルを倍速再生する方法

まず、動画や音声は絶対に標準速度で再生しないこと。

動画や音声の速度は、あなたにとって最適のスピードで作ったわけじゃありません。なのに、動画や音声のデフォルトの再生速度に合わせるのは時間の無駄です。

動画ファイルを速度調整して再生できるアプリはたくさん出ているので、どれを使ってもらっても良いんですが、僕が愛用しているのは「AVPlayer」というアプリ(iPhoneの場合)。

avplayer

AVPlayer

使い勝手もよく、サクサク動くのでオススメです。0.5〜2倍までの再生速度を調整できます。

AVPlayerへの動画ファイルの入れ方

iTunesを使う方法と、クラウドからダウンロードする方法があります。その他にもFTPを使うとか色々な方法がありますが、このどっちかの方法で事足りるので、僕は使ってません。

動画の再生方法(PC内にある動画を再生する場合)

動画ファイルを持っている場合、つまりPC内にある動画を再生する場合は、iTunesから動画をAVPlayerに読み込みます。

iTunesのAppの中にあるAVPlayerを選択。

 

「追加」から読み込みたい動画を選択すればOK。

追加から動画を入れる

読み込んだ動画の再生

スマホのAVPlayerを開き、「MEDIA EXPLORER」を開きます。

avplayer-03 

読み込んだ動画が表示されるので、観たい動画をタップして選択すれば再生されます。

avplayer-04

動画の再生方法(クラウド上の動画を再生する場合)

次に、動画ファイルをクラウドサービス上に置いてある場合。

わざわざケーブルとPCを使ってAVPayer内に保存しなくても、そのままクラウド上からAVPlayerを使って再生することができます。

僕の場合、教材などの動画はすべてローカル(PC内)じゃなくてクラウド(Google DriveやDropBox)に置くようにしています。

なので、毎回いちいち動画データをAVPayer内に保存しておくという作業をしなくても、観たいときに観たい動画を自由にAVPayerで観ることができます。

[aside type=”normal”]補足

左側の赤い四角をタップし、「AV」をタップするとAVPayerのトップ画面に戻ることができます。

AVPlayerでトップに戻る方法

[/aside]

「Wi-Fi TRANSFER」をタップします。

 

ここに表示されているクラウドを使うことができます。大抵の人はDropboxかGoogle Driveでしょうね。ここではGoogle Driveを選択してみます。

avplayer-07

連結しているGoogle Driveアカウント内のディレクトリが表示されるので、再生したい動画を選択すればOKです。

avplayer-08

動画の再生方法(WEB上の動画を再生する場合)

AVPlayerの優れている点は、YouTubeなどWEB上に公開されている動画も、AVPlayerで再生してAVPlayerの倍速機能などが使えることです。

[aside type=”normal”]補足

YouTubeはPC版には再生速度の調整機能がもともとついていまが、スマホ版にはこの機能がありません。[/aside]

「WEB BROWSER」を選択します。

URL入力欄があるので入力し決定。動画が表示され再生ボタンが表示されるのでタップ。

avplayer-10

 

動画が再生されます。「AVPlayerで再生」と表示されるので選択します。これで、この動画をAVPlayerで再生できることになります。

avplayer-11

ただ、なぜかこの状態のままだと元々再生されている動画の裏?でAVPlayerでの再生が始まり、二重で再生が始まってしまいます。なので現在再生されている(AVPlayerを使っていない再生)動画を「完了」をタップして閉じます。

avplayer-12

するとAVPlayerで再生されている動画が表示されます。右側に4つのアイコンが表示されていれば、その動画はAVPlayerで再生されている動画です。すごい無駄な作業な気がするんですが、こういう手順が必要です。

avplayer-13

AVPlayerの再生速度の変更方法

①少しずつ再生速度を変更する

動画再生画面の右側に表示されている「1.00x」というアイコンをタップすると「-」「+」の表示が出るので、速度を速くしたい場合は「+」、速度を遅くしたい場合は「-」をタップするごとに、0.1倍ずつ速度が変わっていきます。(0.5〜2.0倍まで)

②一気に再生速度を変更する

画面上で上にスワイプをすると一定の速度がアップし、下にスワイプをすると一定の速度がダウンします。「1回のスワイプで何倍の速度を変えるか」は設定画面から自由に設定できます。0.5倍ずつに設定しておくと使いやすいですね。

avplayer-18

速くても聴き取りやすい場合や流して観てもOKな場合は、上に2回スワイプをし2倍速(標準の1倍+0.5倍+0.5倍で2倍)で動画を観て、じっくりと観たい箇所が出てきたら1回下にスワイプをし1.5倍(2倍-0.5倍)にして観やすくする、という感じです。

最初から最後までジックリ観るのは絶対NG

倍速で再生するだけで、時間は半分に節約できますが、もう一つ動画や音声のインプットで重要なことがあります。

それは、文字でのインプットと同様、最初から最後までジックリと観ないことです。

動画でも書籍でも、公開物っていうのは、あなた個人のために作られたものではなくて汎用的に作られているものですから、絶対にあなたにとっては不要な部分があるはずです。

全部をしっかりと観るのは明らかに時間のムダです。例えばセミナー動画。

  • すでに知っている内容
  • 今の自分には必要ないこと
  • 講師の雑談
  • 歴史やデータなどの雑学

など「この話は不要だな」と感じたら、スキップ機能を使ってササッと飛ばします。アプリや設定によりますが、標準だと1スキップで30秒先に進むことが多いですかね。

不要な部分の内容が長そうだなーと思ったら、スキップを2回とか4回とか連続でやります。そのあたりは感というか経験ですね。

例えば30秒スキップを4回やれば2分飛ばしたことになりますよね。そして動画の内容を観てみます。

「まだこの話してるなー」と思ったら再度数回スキップ。逆に「やべ、飛ばしすぎて違う(観たい)話をしている」と思ったら、逆スキップで少し戻します。

スキップ・逆スキップの方法

画面上で右スワイプをすればスキップ(デフォルトでは30秒進む)し、左スワイプすれば逆スキップ(デフォルトでは30秒戻る)します。

avplayer-19 

必要のない勉強に時間を費やすなら、リラックスタイムにあてた方がよっぽど有意義

インプットをしまくるコツは、歯磨きをするように日常的に当たり前の行為にすることです。

「ウシ!さあ今日は頑張ってインプットするか・・・」というように、いちいち気合をいれなきゃいけないようなインプットはまず続きません。

インプットの準備

もっと気軽に「今日はこれを観よーっと♪」っていう感じでインプットできる環境が重要です。なのでインプットのための手間やストレスは可能な限りない状態にするのが大事。

そのためには

  • 速度を速める
  • 不要な部分は飛ばす

というのは必須です。

こういう習慣をつけると、インプットのスピードが圧倒的に速くなるし、惰性でのインプットがなくなります。

場合によっては、最初から最後までスキップしまくって、「(1時間の動画でも)3分くらいしか観るところがなかった・・・」なんてこともありますが、ぜんぜん問題ないです。

今のあなたには必要なかったってことなんですから「無駄な時間を使わずに済んでラッキー♪」ってもんです。節約できた時間は、家族と遊んだり好きなTVを観たりして、リラックスタイムにあててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です